ファーストタッチ

(トラップ上級)


ボールを足下に止めるのを当たり前にできるようになったら、トラップのやり方をステップアップしましょう。

実際のサッカーでは、次のキックにつながるトラップが要求される場面が多くなります。
また、足下に止めると相手にボールを狙われやすくなります。

最初のワンタッチ(ファーストタッチ)で、次のプレーまでの時間とプレーの質が決まるといっても良いので、ただボールを止めるだけではなく、次のプレーにつながるファーストタッチを練習しましょう。

練習方法
各種キックのパス練習と合わせてやりましょう
ファーストタッチ1
  • パスされたボールを斜め前~横の大きく一歩で行けるところに、勢いを殺して止める
  • 素早くサイドステップでボールの正面に動く
  • パスを返す



下記(A)~(C)のトラップで練習
インサイド (A)インサイドで蹴り足のイン側、アウト側に
  トラップ
  • トラップする足角度を調整して蹴り足のイン側、アウト側にボールを捌く

アウトサイド (B)アウトサイドでトラップ
  • トラップする足の膝を曲げて前に出し、つま先を膝関節より前に出さない
  • あまりアウトサイドを意識しすぎず、足の中央からほんの少しアウト側に当てる感じでボールに触れる
  • 蹴り足のアウト側にトラップする

軸足の後ろ (C)軸足の後ろを通してトラップ
  • ボールがきたら股の間を通過するように軸足を踏み込む
  • 上半身を少しひねって、ボールを見ながらトラップする

  • あまり難しくないので練習してみてください



指導のポイント
  • 次にキックしやすいところに止まっているか確認しましょう
  • 足下近くに止めてしまうよりも、少し大きく出してしまうくらいで良いです
  • ボールを止めたら、次にパスする方向を意識して素早く動くこと

2009/12/8

 ファーストタッチ(トラップ 上級)

前のページ リフティング(初級)
次のページターンとフェイント(初歩)