インサイドボレー


試合で空中にあるボールを蹴るときに、足を上げてしまうと危険なプレーでファウルをとられますし、他の子に怪我をさせることがあるので正しく処理できるように練習すると良いと思います。

ご存じの方が多いと思いますが、空中にある球を蹴ることをボレーと呼びます。
また、ワンバウンドしたボールのライジング(上がり際)を蹴ることをハーフボレーと呼びます。

ボレーの技術を身につけることで、ボールにタッチする機会が増えると思います。
(2年生くらいまでなら空中のボールを上手く扱える子は少ないからです)

まず、インサイドでボールを蹴るインサイドボレーの練習しましょう。


インサイドボレー1-1 普通に打ち返すときのフォーム
  • ボールが体の正面に落ちてくるように動く
  • インサイドキックとほぼ同じフォームで、ボールを引きつけてインサイドにバシッとボールを当てる

インサイドボレー1-2 ボールを上からたたくフォーム
  • ボールが(ボールの進行方向に対して)体の真横に落ちてくるように動く
  • 膝をボールの上にかぶせるように出し、インサイドで地面に向かってバシッとボールをたたく


インサイドボレーで強く蹴る
インサイドボレー2-1


インサイドボレーの浮き球を蹴る
インサイドボレー2-2
  • 普通に打ち返すときのフォーム
  • ボールの斜め下から中心を貫くように、インサイドのかかと寄りにバシッとボールを当てる
    少し前目でとらえるのがコツです

インサイドボレーでたたくシュート
インサイドボレー2-3


インサイドボレーグラウンダー(ゴロ)でパス
インサイドボレー2-4


練習方法
  • 両手のアンダーパスでボールを軽く投げ、子供に蹴らせる
  • 最初は正面から投げて、できるようになったら蹴り返す方向に対して斜めの左右から投げて練習しましょう
  • ダイレクトとワンバウンド(ハーフボレー)で練習しましょう

指導のポイント
  • 浮き球を蹴るとき以外は、ボールをしっかり引きつけること(前でとらえると上に飛んでしまいます)
  • 次に何を蹴るか指示してボールを投げましょう(ゴロ or 浮かせる、シュート or パス)

余談ですが、蹴りこむ目標があると子供のモチベーションが上がります。
ゴールのないところで練習するときは、簡易ゴール(ポップアップゴール 右に広告アリ)などがあると子供が喜びます。

2010/1/29


 インサイドボレー

前のページ  ヘディング
次のページボールキープ